クリニックでフィナステリドを処方してもらいました

薄毛なのは遺伝だと思っていました

薄毛なのは遺伝だと思っていましたフィナステリドを処方されましたフィナステリドは薄毛治療に欠かせない

父親が薄毛なので、自分も薄毛なのは遺伝だと思っていました。
シャンプーした後に、自分でも驚くほどの抜け毛があったり、朝起きると枕に抜け毛がついたりすのは、とてもショックでしたが、遺伝だから仕方がないと言い聞かせていました。
遺伝だから、そういう体質に生まれてきたからというのは、便利な言葉ですが、自分自身に諦めを感じていて、内診このままではいけないと思っていました。
そんなとき、たまたま同窓会の案内が届きました。
地元を離れて暮らしているので、いい機会だと思い参加すると、同じ30代のはずなのに、自分の薄毛が他の人と比較して進行していることに驚きました。
抜け毛が多い方だとは思っていましたが、職場にあまり同年代の人がいないせいか、自分は平均的なのではと思っていたのが間違いだと気づきました。
同窓会の参加によって、同年代の中でも薄毛が進んでいることが分かり、どうにかしたいという思いが強くなってきました。
今まで、育毛シャンプーや育毛剤など、市販されている商品は試してきたつもりです。
これ以上、商品を買っても根本的な解決にならないと感じ、薄毛を扱っているクリニックに行くことにしました。
薄毛のために病院を訪れるというのは、抵抗を感じましたが、スタッフが全員男性で、とても親切な対応だったので、今ではまったく抵抗はありません。
初診の段階で、先生ときちんと話す機会があり、自分の状態に合った処方をしてくれました。
自分の場合は、フィナステリドというお薬を処方されました。